うつ病の症状を改善させよう【周りの協力が必要不可欠】

ウーマン
  1. ホーム
  2. 様々な医院があります

様々な医院があります

聴診器

相性を考えましょう

うつ病は最近増えている病気ですが、この病気の症状には様々なものがあり診断はかなり難しいと考えられます。症状としては、気分の落ち込みや意欲減退、思考力の低下やイライラ感などの精神的なものの他に、不眠や食欲不振、疲れやすさなどの身体的なものも挙げられます。そして、これらの症状はうつ病以外の病気や、病気ではない状態でも起こる可能性があるので、うつ病かどうかは実績のある医師がいるクリニックで診てもらうことをお勧めします。うつ病かどうかの診断を行うのは精神科か心療内科ということになり、精神的な症状が出た場合は精神科、身体的な症状が出た場合は心療内科ということにすると良いでしょう。そしてどちらの場合でも受診の際は問診票に書くことになりますが、それ以外の症状に関しても自分で記録に残し、診察のときに担当医に見せるようにすると役に立つはずです。また、クリニックに関してはすぐにうつ病という診断を下すのではなく、いろいろなデータを検討し、患者さんの状態をよく観察した上で診断を行うようなところを選ぶことが大事です。医院によっては、症状のチェックだけでなく血液検査、脳波検査などを行うところもあり、これによってうつ病かどうかを確認するだけでなく他の疾患の有無を調べることもできます。また、うつ病関係の診察の場合は、医師と患者との相性が良いことが大切なので、自分がその医師の説明に納得して通い続ける気持ちになるかどうかを考えた方が良いでしょう。さらにうつ病の場合は、進行してしまうと学校や会社へも行きにくくなってしまう上に、死について考え出して自殺の可能性も出てきてしまうので注意する必要があります。そのため、うつ病かもしれないような症状が続く場合には、できるだけ早く精神科か心療内科を受診することが重要です。さらに医院を選ぶ際に注意したいのは、うつ病だった場合に治療を始めれば長くかかる可能性があるので、通いやすいところを探すようにするということです。特にこの病気では心身の症状が出ているときは、体を動かすのも辛くなることがあるので、そんなときでも通えるような医院を選ぶことが大切です。なお、最近では精神科や心療内科を受診する人が増えており、これらの診療科への通院は以前よりもやりやすくなったと言えます。それでもこれらの診療科に行きにくいと感じるときは、電話やメールなどで相談ができるようなところを選び、その対応によって受診を決めるようにすることをお勧めします。