うつ病の症状を改善させよう【周りの協力が必要不可欠】

ウーマン
  1. ホーム
  2. 一般的な費用

一般的な費用

悩む人

期間で総額は変わる

うつ病の治療を行う場合は健康保険が適用される仕組みとなっているので、通常個人の治療費の負担は3割と言う事になっています。病院に行く場合は、診察代、検査代、薬代、カウンセリング代などが発生し、初診時の場合の費用の相場は大体3000円から6000円です。大体その範囲内で初めての病院の場合は支払いを終えることが出来る様な仕組みになっており、後は定期的に治療を受ける様にします。治療は月2回通院する形の場合、1回あたりの費用は大体3000円程度となっており、ここには薬代等も含まれています。月2回通うことになるので、1ヶ月辺りのうつ病の治療費は6000円程度となる計算ですが、その人の症状によってその額は増減します。また、通常うつ病は早い段階で治療を開始する方が回復が早く、病院に通う回数も少なくて済む傾向となっています。多くの場合は、病院には大体3か月から半年程度通う形となっており、その場合は1ヶ月の費用6000円をその通院した月数掛けて計算すれば算出は可能です。だから、3か月通院する場合は18000円程度、半年通う場合は36000円程度となるのが一般的なうつ病の治療費です。さらにその人の症状によっては投薬だけでなくカウンセリングを受ける方が良い場合もあり、必要に応じてカウンセリングを受けます。その場合病院内で受ける時は大体5000円から1万円、病院外で受ける時は1万円から1万5000円程度が相場となっています。カウンセリングは適宜行われており、何回通わなければならないと決められているものではなく、症状に合わせて通う形です。もちろん、うつ病を放置しておくと疲れたとか食欲がない、眠りが浅い等の症状だけでなく、攻撃的になることやより抑うつ状態が重症化してしまうことも有ります。状態が悪化した場合は通院治療をする時出も3か月や半年程度では通院が終らず、1年程度病院に通わなければならない場合も出て来ます。また症状によっては入院して治療する必要が出てくる場合もあり、この時は室料やベッド代、食事代等も合わせて請求される形です。その為、うつ病の治療法によっては月々10万円以上の治療費が発生する事も有るため、基本的にはその人によって費用は大きく違ってきます。また健康保険が適用されて基本的には3割負担となっていますが、実際の治療では公費での補助を受ける事も出来る仕組みとなっています。条件を満たしている人しか利用できない仕組みですが、この負担制度を利用する事ができれば治療費は1割負担となり、経済的な負担が軽減されます。